LIFT & RIDE

ステディカムと、他社製カメラスタビライザーとの違いをよく聞かれることがあるのですが、その時に弊社スタッフがご説明している事のひとつは「Tool Free」 ということです。工具が要らない、と訳されるこの言葉はステディカム考案者 Garrett Brown の製品開発にあたってのポリシーのひとつです。

この写真はステディカム Archer 2 のG-50アームのクローズアップです。この写真中央上に写っているのが LIFT(リフト)ネジ、つまりアームのバネ張力を調整してスレッドの浮力(張力)をコントロールするネジです。
またG-50アームには RIDE(ライド)と呼ばれるアームの戻り応答性を調節出来るノブも装備されています。この RIDE によって Archer 2はカメラ重量を問わず、撮影意図に細かく合わせた極めて滑らかな浮遊感を実現できます。

これらのネジのお陰で、カメラを載せて撮影準備が済んだ状態からでも簡単に浮力や応答性を調整でき、現場で求められる映像表現の細かな変更にも対応出来ます。

※G50アームは総重量50ポンド(22Kg)までのスレッド・カメラ・レンズ・バッテリー・周辺機器を支えるキャパシティがあります。このG50アームは上位機種であるClipperと共用です。



 


カテゴリー: topics | タグ: | Permalink