Steadicam® Operator’s Handbook

北米やヨーロッパでのステディカム・ワークショップでの指定教材(読んでからワークショップに参加することが求められる)で、英語圏のステディカム・オペレーター達のバイブルとなっている本をご紹介します。



  書籍名:Steadicam® Operator’s Handbook
  著者:Jerry Holway, Laurie Hayball
  出版社:Focal Press(2009年初版)
  ISBN:978-0-240-81165-9
  体裁:A4変形426ページ
  弊社カスタマーサポートにて販売中:税込 4,725円

これは400ページを超え、重さも1.5kg近く、ずっしりとしたハンドブックです。著者は数々の米国のTV番組や映画を撮影しているベテランのステディカム・オペレーターJerry Holway(ジェリー・ホルウェイ)と、ワークショップのインストラクターとしても知られたLaurie HayBall(ローリー・ヘイボール)。
彼らはともに10年以上に渡ってステディカム認定ワークショップの公式インストラクターを務めており、その毎年の経験をもとに、オペレーターとしての体調管理の考え方、撮影の心構え、立ち方と歩き方、基本から応用までの撮影テクニック、トラブルシュート、社外品アクセサリーの紹介、自分自身の業界への売り込み方など、全12章にわたって豊富な図解を交えながら細かく説明されています。



ステディカムを使った映画のシーンの解説



被写体を追う基本の歩き方なども詳しく図解入りで説明

現在のところ、ステディカムについてこれほど広範に、しかも詳細な解説がなされた本は他にありません。全編英語なので読解には壁がありますが、弊社のデモンストレーターもワークショップ参加の際に『辞書と首っ引きで受験勉強以上に気合いを入れて読んだ』そうで、本書に書かれている情報の価値はとても大きなものがあります。
単なる技術情報だけでなく、撮影現場での心構えなど、オペーレーターとして生きていくための道を説いた本書は、まさにプロフェッショナル達の座右の書といえるでしょう。



カテゴリー: news, topics | Permalink