NAB2012で発表されたステディカム製品の概要


先週ラスベガスで開催されたNABショーでステディカムより発表された新製品のなかで、注目度の高かった製品をいくつかご紹介します。


● Fawcett Exovest(フォーセット・エクソベスト)の試作品展示

ヨーロッパを拠点として世界中の映画やドラマの現場で活躍しているオペレーター:Chris Fawcettが、ステディカム生みの親であるGarrett Brownとステディカム・インストラクターのJerry Holwayとともに試作した画期的なベストです。



従来のベストとの違いは、肩と腰とを繋ぐポストがピボット状になっており、オペレーターの体の動きに合わせてベストも動くという点です。従来のベストがしっかりと体を固定して着用するのに対し、このフォーセット・エクソベストは呼吸や上体のねじりなどの自由度が劇的に向上しています。現在はアメリカとヨーロッパでテスト中、今年中に製品に仕上げてリリースされる予定です。



かなり大きな体格で知られるインストラクター:Peter Abrahamでも、そして細身の日本人体型でも、幅広い胸囲をカバーして着用できるのも特徴です。



NABやIBCで頻繁にステディカムのデモを行っているChris Fawcett。彼は世界でもまだ数少ない、ステディセグの師匠的存在でもあります。上記のFawcett Exovestは彼の発案によって試作が始められました。


● G-50X / G-70X アームの登場

これまで信頼を集めてきたG-50とG-70アームに、新しく末尾「X」が付いたバージョンが登場しました。G-50は50ポンド(約22Kg)、G-70は70ポンド(約31Kg)のペイロード容量と、それぞれ29インチ(約73cm)のブーム幅を誇るアームですが、新設計のベアリングを内蔵し内部スプリングをブラッシュアップしたことで、ゆっくりとアームを動かしている時のスムーズさがさらに向上しました。


カテゴリー: news, topics | Permalink